二大政党制

ちょっと前、大連立だとかなんだでゴタゴタとやっていたよね。
大連立はわたしも反対で、政権選択ができないような政治体制というのはいかがなものかと思います。
その為の二大政党制というわけだが、実は日本で二大政党制というのもどうかなと以前から思っている。。。。

アメリカは有名な共和党と民主党の二大政党制だが、ああいった政治体制は欧米には向いても日本向きじゃないと思うんですよね。
欧米ってさ、YES/NOのはっきりした社会じゃない。
ONでなければOFF、INでなければOUTといったスイッチのような社会。

でも日本は古来から違いますよね。
A案とC案があったら、折衷してB案を出そうとする社会じゃない?
「じゃあ、間を取って○○にしましょう」というのは日常的に使われる解決方法。
Aの人もBの人も100%じゃないけど、自分の案が一部受け入れられているから満足といった考え方がある。

そんな社会に二大政党制は本当に合うのか?
合わないでしょ〜。

わたしは日本には昔から三大政党制というスタイルが合うのではないかとおもっていました。
それに好きなんだよね、日本人って「三大」ってやつが。^^

選挙で言えば、「今回A党もB党も駄目だったから、なんにもしなかったけどC党に入れよう」みたいな選択権が生まれ。
そして、実際の政権と言えば、A党もB党もC党もそれぞれ単独では過半数を取れないから必ず連立政権になる。
連立政権の短所は不安定なところだけど、それは置いておいても中庸な法案がどんどん通るようになるんじゃないだろうか。

日本人は100点満点を求めないで、合格点で良しとする文化があるから国民は十分納得できるんじゃないかな。
三分鼎立という形も日本人の好みの形だし。。。
お互いがけん制をしあって、暴走のないいい政治ができるようになると思うんですけどね。
三大政党制ってどうよ!?

【2007/11/15 15:44 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(-) |

<<社会の閉塞感 | ホーム | そのまんま東、勘弁してほしい。。>>
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


<<社会の閉塞感 | ホーム | そのまんま東、勘弁してほしい。。>>