あれも国会議員の発言としてアリだろ

みんな失言だとか失態だとか言っているけど本当にそうなのか?
今回の衆院選で自民党の比例区から当選した26歳の杉本議員は、当選当初からメディアの前で思ったことをそのまま発言していたけど、あれって本当に失言なんだろうか?

グリーン車にタダで乗れるとか、議員宿舎が3LDKだとか、それが失言なのか?
国民にバラしたらいけないってこと?
彼は今の国会議員の実態を国民に非常にわかり易く、かつ面白く伝えてくれていたと思いますが・・・。
よっぽど他の国会議員の癇に障ったんだろうね。

「料亭というものに行ってみたい」と語っていた杉村議員はもちろん冗談で言っていると私は解釈をしていたが、あれだって別に国会議員の誤解を招いていることにならないと思う。普通の国民がそう思っているということじゃないのか?
もし違っていたのなら、後に杉村議員が「当選当初・・・というような発言をしていたが、実際に入ってみるとそうではなく・・・・・・」と語ってくれるほうがよっぽど真実味があるというものだ。
今回のように自民党本部で記者会見を開いて発言させたところで、同情が集まるだけではないだろうか。
そして、やっぱり国会とは伏魔殿なんだと、国民にさらなる政治不信を煽ることとなっただろう。
まあ、あの人達にとって国民に政治不信が広がることよりも、国会議員の特典をバラされるほうが、よっぽど重要なことなんでしょう。政治不信になって、ますます無関心になってくれたほうが、彼らの既得権益を保持できますからな。

あ〜あ、本当にむかつく奴らだ。
これでもう杉村議員から本音が聞けるようなこともなくなってしまったんでしょう。掘り出し物のいい人だったんだけどねえ。



<杉村太蔵議員>目が充血、神妙に反省会見 党本部で

 「料亭に早く行ってみたい」に始まる数々の“放言”で物議をかもした自民党の新人衆院議員、杉村太蔵氏(26)が27日、「反省の気持ちを示すため」党本部で記者会見した。「国会議員としての自覚が足りないまま幼稚で無責任な発言を繰り返し、心からおわび申し上げます」と神妙な態度で受け答えして、集まったワイドショーのリポーターらを驚かせた。
 ◇芸能人並み? リポーターら100人 
 新入社員のような濃紺のスーツ姿で、世耕弘成・党広報本部長代理に付き添われて姿を見せた杉村氏は「品位のある言動を心がけ、政策を死ぬ気で勉強します」と充血した目を時おり用意した紙に走らせた。借りてきた猫のような態度に「ありのままの姿でない」と厳しい質問が飛んだ。しばらく絶句した杉村氏は「私は幅広い人間です」
 連休中に本を読み、自分を見つめ直したという杉村氏。しかし、読んだ本は「1冊」で、書名は「プライベートなこと」と明かさなかった。「しかられた生徒のようでかわいそうですね」と質問されると、「全然かわいそうではありません」ときっぱり。
 記者会見は約35分。レポーターやカメラマンら100人以上がごった返す横を通りかかった河野太郎衆院議員は思わず苦笑した。「党三役が出てきても、こんなに報道陣は集まらないな」【青島顕】
 ◇会見は党本部が”計画”
 杉村太蔵議員は初当選以来、テレビのワイドショー番組や週刊誌の取材などに対し、「料亭に行きたい」「グリーン車乗り放題」「国会議員の給料は2500万円」「議員宿舎は3LDKで楽しみ」などと発言していた。初登院では平の会社員から転身した自身を「ヒラリーマン」と表現し「ヒラリーマン根性が抜けなくて……。ヒラリーマンが議員になってどう感じたか、皆さんに伝えたい」と話した。
 会見は、こうした発言に業を煮やした党本部が、立候補者選定への批判を恐れて、監視のもとで「反省の弁」を語らせようとしたものだった。世耕弘成・党広報本部長代理は、今後は杉村氏へ直接取材をしないよう報道陣に要望した。
 ◇自民党に責任 
 ▽政治評論家の有馬晴海さんの話 現行の小選挙区比例代表並立制では、小選挙区候補が全部通ってしまった時のことを想定して、杉村氏のような比例単独候補を用意しなければならない。落選を覚悟で出てくれる人を候補者として立てなければならず、そういう人をみんなきちんとした候補にするのは難しい。こういう制度をとっている以上やむを得ないと言える。比例をやめて人物だけを選ぶ選挙制度にすべきだと思う。とはいえ、自民党には彼を選んだ責任はあり、ある程度の教育はやらなければならない。
 ◇「ロボット」暴露 
 ▽評論家の佐高信さんの話 杉村議員は小泉首相が国会に送り込んだ「ロボット」。彼の失言や失態は「出来の悪いロボット」だったということであり、騒ぎになった責任は首相や武部幹事長にある。刺客と呼ばれて当選した人たちも、小泉首相が自分のいいなりになる議員を増やすために送り込んだ「ロボット」で、政治的な判断は出来ず、言いなりであることには変わりない。だから、今回の会見になり、ワイドショーなどの見世物になる。一連の騒動はその「ロボット」の実態が、彼によって暴露されたに過ぎない。彼に政治家としての自覚や資質を求めるのは、ロボットに人格を求めるようなものだ。
(毎日新聞) - 9月28日8時0分更新


【2005/09/28 20:26 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(0) |

流行語大賞にしたいよw

今年はブログが飛躍的に広まった年だというのは周知の事実。
今年の流行語の中には、間違いなく『ブログ』という言葉が入ってくると思います。もちろんランキングは低いと思いますが・・・。
その他にランキング入りしそうなのが、『想定内』や『あるある探検隊』、『どこみてんのよ!』、『刺客』、『女性専用車両』などが候補になるように思います。

そんな中、隠れた流行語大賞にしたいのがこれ!!
『徒然日記』
ブログのタイトルによくつけてあるよね。
『○○の徒然日記』みたいなやつ。
グーグルで検索したら、あるわ、あるわ、すっげーあるわ。
すっごいねー。
みんな、徒然に日記つけてるんですねー。

ま、これもタイトルが違うだけど適当にやってるところは全く同じなんだけどねぇ^^;

今だ、押せ!! ⇒ ブログランキングranQ


【2005/09/15 21:56 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(0) |

辞典は読んじゃいけない

「辞典は読んじゃいけない」と以前に教わったことがある。
その先生曰く、「辞典なんて、編纂する偉い先生についてる学生が1単語○○円という形でアルバイトで作成したものだ。そんな片手間に作られているものを信じてはいけない」ということらしい。

それなら、意味を調べるのに何を信じればいいのか。


「自分を信じなさい」と言っていました。
自分が、いつ、どこで、どのように、誰に対して、使っているかを考えれば、自ずと意味はわかると言っていました。
・・・というより、それがわかれば、意味なんて知らなくていいと言っていました。

言葉の持っている意味を知ることよりも、それがどのように機能するかが大切だという教えと思っております。
語学を勉強する上において、なにかと辞書がないと不安だったり、文法の細かいところを気にしたりすることはよくあります。
テストならそれも必要でしょうが、実践においては無意味だということです。

英語で例え話をしましょう。

試験の数分前に隣の席の人が声をかけてきました。
”Do you have a pen? ”
答えはなんですか?  日本の学校で勉強してきた人なら答えはこの2つしかないでしょう。
”Yes, I do. ”  ”No, I don't.”

こう答えるように教わってきたと思います。そうですね、文法的には100点だと思います。
でも、人間としては最低ではないでしょうかw

試験の直前になって、「ペンを持ってないか?」と尋ねてくる人は、きっとペンを忘れてきてしまったんじゃないか。
そう思いませんか?
その人に対し、「はい、持ってます」と言ってそ知らぬ顔をするような人間はどう考えてもおかしいはずです。
そんな教育するべきではないでしょう。中国の愛国教育や反日教育を批判している場合ではありませんw

「ペンを持っていますか?」と質問されるシチュエーションを考えてみてください。
きっと、最も多い使用例はやはり『ペンを借りたい』という場面ではないでしょうか。
だとすれば、本来教えなければいけない答えは、
"Take my spare."とか"Sorry,but I don't have any."とかではないでしょうか。

ことばの意味を調べたり、文法を調べたりするのは無意味だと先生が言っていたのを、わたしはとりあえず信奉しています。
意味や文法がわからなくても、いつ、どんな場面で使えばいいのかさえわかっていれば、用は足りてしまうからです。

その証拠に日本語の文法をしっかり理解している人なんて、日本語学の専門家ぐらいじゃないかな。普通の日本人は文法なんて知らずにみんな上手に話しているよ。

【2005/09/14 23:33 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(0) |

ホリエモンは想定通りだろう

 
今回の選挙は自民党の圧勝でしたな。小泉さん、強いわぁ。
すっかり参りましたよ。何がここまでよかったのかちっともわからないけど、民意は完全に小泉さんにあるってゆうことですな。これでまた対中国政策などは荒れると思うけど・・・。

さて、ホリエモンはやっぱり負けてたね。しかも僅差。広島6区は完全におれの想定内。ホリエモンが自民の公認を取っていたら、逆転していたかもしれませんな。



ホリエモンが負けた後の会見で、「負けたら意味がない」とほざいていましたが、なんていつもながらシラジラしいんだw
プロ野球参入だって、ニッポン放送争奪戦だって、ずっと負けていたはずでは・・・・?
プロ野球に参入できなくても、あの一件でライブドアの知名度は格段に上がり、広告費に換算すると数十億とかいう試算もあったと思うんだけど。株価だって上昇したはずだ。負けたことによって参入による新規事業費が掛からず、収入だけを上手に得たはずだ。
ニッポン放送の株の時だって、結局は支配できずに株は全て高値でフジテレビに売ったはずだ。これだって負けたはずだが、株を高く叩き売ったから、ホリエモンは多額の収入を得ている。負けたのにね。
「負けたら意味がない」?相変わらずなにを言ってるんでしょう。
意味のない言葉をテレビで発してほしくないなあ。


ホリエモンとは関係ないけど、今回の選挙でもうひとつ。
新党日本、やっぱり惨敗ですけど、田中康夫くんが言っていました。「新党日本と共に信じられる日本を作っていくため・・・」。
うーん、わたしはあなたが一番信じられません。無理、あなたと共になんて・・。
だいたい、田中康夫を担ぎ上げた国会議員たちはなにを考えていたんだろう?よくわかりません。
若い無党派層の支持を得ようとしたんでしょうか?
田中康夫で・・?  無理でしょう?^^
わたしの知る限り、田中康夫に人気はありません。若者へのカリスマ性?ありませんよ、そんなもの。「なんとなくクリスタル」?いつの時代の話ですか?とっくの昔ですよ。それ読んでた人って今は「おばさん」ではないでしょうか?「おばさん」たちもあんな人についていかないと思うけど・・・。
今回は、「新」党日本と言っていた人たちのセンスが一番古かったんだろうなあと思う選挙でした。


【2005/09/12 09:03 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(1) | トラックバック(1) |

| ホーム |