取り締まるか追い出したほうがいいよ

中野の住宅地で自分の庭に排泄物とか残飯を煮て埋めてる男がいるそうだが、近所の住民も大変だね。
こういう奴は、とっとと取り締まらなけりゃいけないよ。でも取り締まる法律がないらしいね。
自分の庭で何しようがそりゃ勝手かもしれないけれど、人間っていうのは社会生活をしているわけだから、自分勝手な行動を続けちゃいけないよ。
「迷惑はかけていない」ってインタビューで答えていたよ。相当異臭が漂っているらしいよね。迷惑かかってるって。バカか?!
行政も、法律で取り締まれないとか言ってるらしいが、当事者にとってみればそういう問題じゃないぞ。

さて、こういう奴はやっぱり柔硬両面から攻めなければいけないだろ。昔の日本には村八分という仕組みがあって、周りに迷惑をかけるとそこで生活がしにくいようになっていたはず。
今回もそれを利用するしかないでしょ。
抗議は当然続けていかなければいけない。行政にも訴えていかないといけないでしょう。
そういった正攻法とは別に、裏からも攻めなければ痛みを感じるのは近隣の住民だけになっちゃうよ。
裏からっていうのは、投石したり罵声を浴びせたり近所で物を買わせないとか、近所にチラシを配って訴えるとか、出歩くことを躊躇わせるような行為を住民一体となってやって、いわゆる「追い出し」をかけるしかないんじゃないでしょうか。いい方法とは思えないけど、このくらいやらなければ奴は堪えないと思うよ。行政も役に立たないし・・・。

悪臭トラブル、お手上げ状態 庭に排泄物ため込んでも規制できず 中野の住宅地

住民「窓も開けられない」商店街「客足が落ちた」
 東京都中野区で悪臭トラブルが持ち上がっている。庭に排泄(はいせつ)物を大量にため込んだ男性宅から発せられるにおいで、住民は悩まされて二年半になる。客が近寄らず閉店に追い込まれた店も出た。住民は今月、千人分の署名を集め、警視庁や都、区に取り締まりを求めたが、直接規制できる法律や条例がなく、住民同様、警視庁や区役所も対応に苦慮している。
 悪臭トラブルを抱えているのは、中野区弥生町の「川島商店街」に隣接する住宅地。ここに住む五十代の男性が二年半前から、自分の排泄物や残飯を庭で煮詰め、それを約一メートル四方の穴を掘って、ため始めた。
 周囲には悪臭が立ち込め、「暑い日も窓を開けることができず、洗濯物も干せない」と近所の主婦は話す。住民は男性宅近くに消臭剤をまき、家ににおいが入らないように、玄関を二重扉にするなどしているが、男性宅前の雑貨店は「子供が悪臭や気味悪がって来なくなった」と、昨年三月、閉店に追い込まれた。
 また、商店街の鮮魚店も「悪臭騒動で客足が落ちた。食べ物を扱っているだけに大変迷惑」と途方に暮れる。
 昨夏と今月二十五日には中野区が、親族の許可を得て、庭にある排泄物を片付けたが、男性はその後も排泄物をため続けている。
 男性は「迷惑をかけていると思わない。(悪臭を出す)理由も話す必要はない」と話すだけ。住民の一人は「男性が以前から大声を出すなど近所とトラブルになった。注意されたことに腹を立て、行為がエスカレートした」と推察する。
 住民は今月初め、千人分の署名を集め、取り締まりを求める嘆願書を警察や行政に提出した。
 だが、警視庁は「悪臭を感じる度合いは個人で違う。不眠などの直接被害がない段階では傷害罪などの適用は難しく、店が閉店に追い込まれたことを業務妨害に問うのも悪臭でどれだけ客が減ったかなど立証は困難」(中野署)という。
 都の環境確保条例では悪臭を規制できるが、あくまで事業所や工場が対象で、「そもそも庭に排泄物をためる行為を想定していない」(中野区)という。住民、警察、行政三者のお手上げ状態が続いている。
     ◇
 ■行政や警察、介入しづらく
 騒音や悪臭などの近隣トラブルは各地で相次ぎ、深刻な事件に発展するケースもある。
 奈良県平群町では今年二月、二年半にわたり、毎日ほぼ一日中、CDラジカセを大音量で鳴らし続け、隣に住む女性を不眠にさせたとして、主婦が傷害容疑で逮捕された。兵庫県加古川市で昨年八月に二家族七人が殺害された事件で、逮捕された男の犯行動機は、隣人の飼い犬の鳴き声に腹を立てたこととされる。
 社会評論家の赤塚行雄氏は「近所付き合いも希薄になり、注意したいけど言えないケースは多い。この種のトラブルはますます増える傾向にある」と指摘する。
 中野区の悪臭トラブルでは「民事訴訟での解決」を模索する住民もいる。住民トラブルに詳しい内田剛弘弁護士は「音やにおいは個人によって我慢の限界に開きがあり、行政や警察が介入しづらい問題」と民事裁判の有効性を指摘する。ただ「加害者にペナルティーを科しても、同じことを繰り返す場合が多い」(内田弁護士)と、抜本的解決に至らないこともあるという。
 赤塚氏は「中野区でのトラブルは大勢の住民が困っている以上、警察や行政が対応するしかない。取り締まりに有効な法律がなくても問題の男性にねばり強く注意を続けるなどし、解決の糸口を探るしかない」としている。  (産経新聞) - 8月29日2時46分更新


【2005/08/29 23:46 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(0) |

きんもーっ☆

個人のブログで書いたちょっとした一言がなかなか大きな話題になっていますな。内容としてはこのぐらいのこと、いろんなブログで書かれている内容だと思うけど、ここで本当に問題にしなければいけないことは、「インターネットなんだから、投稿者が意図しないような不特定多数の人が自分の投稿した記事を読む可能性がある」ということだと思う。
関連記事のニュース ⇒ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/23/news037.html

自分のブログ内で「きんもーっ☆」と発言していた彼女はそれを見た一部の人の反感を買い、掲示板やらで個人名、写真、年齢、通学している大学などプライベートな情報が多く流されている。
どこから漏れたのか? ほとんど彼女のブログの中から漏れているようだ。
問題のブログは既に削除されているけど、ミラーサイトが立ち上げられているので顔や名前を確認できる。私も確認しました^^;
彼女の場合、こういったに多くの個人情報を露出していた為に、ここまで事が大きくなってしまったようにも思う。
特定できない「だれか」であれば、掲示板で書き込みを行う人にとっても魅力を感じないだろうが、実際に写真をみて、どんな人間かのイメージを膨らますには十分な情報量がそこにあったからだと思う。
インターネットがどんなものかをあまり考えず、自分の写真や情報を載せていた為に、今回のような事態になったんだと思う。まさかこんなことになるだろうとは思ってなかったろうから、今彼女はどんな気持ちでいるんでしょう。(・e・)

リンクが切れていた場合はこちらの引用をご覧ください。
2005/08/23 14:10 更新

「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に
アルバイトスタッフがブログに書き込んだ無配慮な発言に対し、企業が謝罪に追い込まれるケースが起きた。ブログは手軽なツールとして普及したが、企業の信頼を揺るがす“筆禍”をも起こしかねない。
手軽に意見や日記を公開できるツールとしてブログが広く普及する一方で、気軽さゆえに何気なく書き込んだ内容が思わぬ“筆禍”を起こすケースも出てきた。社員やスタッフの無配慮な書き込みが企業の信頼を揺るがす事態にもなりかねず、書き手のリテラシー向上や企業側の対策も求められそうだ。
米国系ホットドッグチェーンの「ネイサンズフランチャイジーオブジャパン」は8月23日、Webサイトに「移動店舗内スタッフによるブログ上の発言」について「極めて遺憾」とする文章を掲載した。
発端は8月12〜14日に東京で開かれた「コミックマーケット」(コミケ)。会場に出店した同社フランチャイズ企業のアルバイトスタッフが、実名で運営していたブログに「みんな頑張ってバイトしています!まぁお客はみんなオタ」「大量オタ。これがぶぁぁぁぁあっているの。恐い!きもい!」などと写真付きで記事を掲載した。
これを読んだユーザーが「客をばかにしている」などと掲示板などで反発。その後ブログは削除されたが、同社にも苦情が寄せられたもようだ。
コミケに参加したある男性は「店員が何を思おうと自由だとは思うが、このホットドッグチェーン全体への印象が悪くなったのは否めない」と話す。
同社は経緯について調査し、Webサイトで文章を公表した。「当社ブランドを使用するフランチャイズ企業が独自に雇用したアルバイトの極めて不適切な表現が引き起こした事態」だと認めた上で、フランチャイズ企業の監督責任がある同社として「再発防止に全力を尽くし、お客様から失った信頼を取り戻すべく、社員一同努力いたします」と事実上、謝罪した。 (ITmedia)


【2005/08/24 22:47 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(1) | トラックバック(0) |

駒大苫小牧の対応おかしい

・ 駒大苫小牧 暴力問題で「報告会」中止 高野連、V審議へ - 産経新聞
・ 駒大苫小牧の処分、高野連が9月決定の見通し - 読売新聞
・連覇から2日、優勝旗返還も - スポーツ

おかしいよなあ。選手はせっかくがんばって優勝したのに、部長に殴られるわ、優勝報告会は中止にされるわ、優勝旗は返還しなきゃいけないわ、選抜にはでられないわじゃ、まさに踏んだり蹴ったり。
 
選手はちっとも悪くないのに、被害にあっているのは選手ばっかり。学校にしても高野連にしても、責任の取り方が違うんじゃないの?責任を取るべき立場にあるのは選手じゃないでしょ。なのに選手をいじめてどうするの。
高校球児っていうのはホントかわいそうだな。大人の責任まで取らされるし、現代では最も『高校生らしくない高校生』だよね。
同情しちゃうよ。

【2005/08/23 20:57 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(1) |

ホリエモンまだやるんだ

堀江氏、無所属で広島6区から出馬を正式表明

 ライブドアの堀江貴文社長は19日午後、自民党本部で記者会見し、国民新党の亀井静香・元建設相が出馬する衆院広島6区に、無所属で出馬することを正式に表明した。
 会見で堀江氏は、「小泉首相の改革路線、郵政民営化に賛成だ。志も共通だ。初めての立候補であり、ぜひ無所属で自分の志を試してみたい」と述べた。
 広島6区での出馬を選んだことについては、「(広島6区には)郵政民営化に賛成している候補者が今のところいない。小泉首相の改革路線を止めてほしくないという思いがあり、象徴的意味で改革を止めないという私の強い意志を試したい」と説明した。  (読売新聞)

好きだね。まだ売名しなきゃいけないのか。
勝つ気がないのは一目瞭然。
本当に勝つ気があるなら、広島の田舎から出馬なんてしないだろうし、無所属で出ないで自民党の公認をちゃんと受けるでしょう。
受けない理由をなんやかんやと言っているようですが、結局は公認を受けちゃって自民党の支持基盤からの票で当選しちゃうのがまずいんでしょう。タダの売名で終わらせたいんだ。

●プロ野球にしたって、今期もう1度連盟へ登録申請を行ったっていいはずなのにやる気はサラサラない。「メジャーのアスレチックスのように・・」というような夢を語っていたはずなんだけど、どうしたんでしょう?
●「ラジオでできることがある」と語っていたフジテレビとの株騒動も結局は株を全部売っちゃってるよね。

あの人の言うこと全部達成したことなんかないんだよね。
なんでか。簡単、ウソだから。

今回の「改革路線を止めたくない」・・・・だって?
止めたくなければ、ゴタクを並べてないで自民で出馬しなさいよ。ホリエモンが広島の田舎から無所属で出馬したって、改革路線を止めない効果が現れるなんて思えないね。止めない最良の選択に思えない。

いや〜、オレってホントに堀江さんが嫌いなんだなぁ (・e・)


【2005/08/20 17:03 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(2) | トラックバック(0) |

衆院選、だんだんわかりやすくなってきた

自民党が内部で争っていたせいで、どうなったら誰が勝つのかはっきりわからなかった衆院選もだんだん簡単な構図になってきた。

新党結成やら造反議員の離党勧告やらで、勝ち負けの構図は明確だ。自民が勝てば「小泉勝利−郵政指示」だし、国民新党が勝てば「自民は好きだけど郵政は反対」と言う民意の表れ、民主党が勝てば「政界再編を望む」声の表れということでしょう? これならオレでもわかりやすいw

んだども、政界復帰を狙う鈴木宗男さんが北海道で新党立ち上げちゃったりしておもしろい。(-m-)ぷぷっ
「新党大地」ですか^^;いい名前ですね。
首都圏にいるオレにしてみりゃ鈴木さんには「国民の血税を利用して私利をむさぼるんじゃない!」という気持ちになっちゃうんですけどね。私利私欲をホントにむさぼっているのかはわからないけど、都民の税金が地域(北海道)に多く(バランス的に)利用されているのは事実。北海道の人が都内に比べて恵まれてないというならば、それは仕方のないことだけれど、はたして本当にどうかというのは怪しいところ。
北海道の道民の利益の為だけに国会議員が働くというのはどうかと思います。それは本来なら地方議員や知事の仕事。国会議員は日本全体を考えて行動しなければならない議員のはずだ。
鈴木さんはそれをまっこうから否定している人物。「北海道民から選出されたんだから、道民の代表として意見をいうのが当たり前」という考えの持ち主だ。
その考えも間違っているわけじゃないけど、やっぱりバランスの問題だよねぇ。

【2005/08/19 12:55 】
| 勝手にコメンテータ | コメント(0) | トラックバック(0) |

| ホーム |